商品紹介の映像を制作することで購買意欲が高まる

会社やお店で新商品を開発した場合、顧客の認知度を高めることと、購買意欲を高めることが大切です。まず商品を知ってもらわないことには、販売する意味がありません。商品紹介の映像を制作することは、プロモーション活動として必須となっています。映像は静止画に比べて圧倒的に情報量が多いのが特徴です。実際に人がその商品を使っている場面を流すことで、自分も使ってみたいという気持ちにさせることが期待できます。使っている人の生の声を流すことはもちろん、商品を使うことのメリットをプレゼンテーション形式で説明することも可能です。
また、このような映像はインターネットやSNSとの親和性が高く、動画投稿サイトなどに載せることにより、より多くの人に知ってもらうことができます。自社のウェブサイトがある場合は、文字や写真を補う形で商品紹介ムービーを載せるのも効果的でしょう。映像の時間は、長すぎるのは好ましくありません。1分程度を目安に制作することをお勧めします。