ネットはこれからも大事なプロモーションの場になる

世界中の方が見るユーチューブの動画広告はこれからも成長していき、動画開始前に広告が流れてスキップされるまで必ず見てくれること、視聴者の興味に合わせた細かいターゲティングが可能で、クリックされてないと料金は発生しません。

そして動画の質が良いほど効果があって、動画が人に与える影響が大きいのはマイナスイメージ持たれたとき、その影響が強くなります。一度完成した動画の修正は難しいです。効果的な動画制作はそれなりの費用がかかることもあります。

強制的に再生される動画、スムーズに再生されない、動画が邪魔になって目当てコンテンツが見られないときにストレスで、逆に悪い印象になったりします。

そして、時代の流れはネット、スマホであり、いくつか課題がありますが、動画広告には大きな可能性があります。たくさんの若者がスマホやタブレットを持つ今、インスタなど大流行するアプリが今後も登場してくるでしょう。

動画広告を載せられるアプリが多くて、動画広告の市場に参入する余地はまだあります。こういった市場にはプロモーション映像はとても役立ちます。