商品紹介映像の制作でwebサイト上に掲載する利点

webサイト上に商品紹介の映像制作などで作成した動画を公開する理由ですが、静止画と動画では情報閲覧者は主に得られる情報量に違いがあります。まず、静止画ですがこちらも映像制作に置いて、閲覧者の方に商品の使い方、特徴などを説明する際にはよく用いる方法ですが、動画との主な違いは収録が動画と比べた場合、単純である点とwebサイト自体に掛かる負荷や容量を軽減することができるため昔はよく使用されていました。ですが、近年ではサーバー自体の容量が増え高速処理ができるようになり少ない情報量の静止画はあまり使われなくなりました。一方で、動画については容量が大きくなるが使い方を説明したり商品の特徴などを説明する際、伝えたいことをそのまま伝えることができるため、利点が大きいのです。これは昔から言うように目で見たほうが早い百聞は一見にしかずということわざもあるとおり、目で見たほうが早いという特徴をついています。静止画と動画では動画のほうが得られる情報量が多いため利点を重視し、商品を紹介することに関して特化している方法を得るのであれば動画制作が一番利点のある方法になります。